五日間の感謝祭を終えて・そして次は古布使いの「木目込み雛人形の提案」となります

古布の木目込みひな人形「紅梅白梅」

五日間の「十五万円以下の着物や帯の会」が本日を持って終了致しました。

年に一度、恒例となっている感謝祭でしたが、満足できる結果と言えるものではありませんでした。

 

10月に開催した「神無月の会」に続いての「感謝祭」とあって、運任せみたいなところがあったように思います。

割引価格という切り口から、新規のお客様との出会いを持ちたかったのですが、それができなかったことが反省点として残りました。

 

絹素材から仕立てを加えて着物や帯を作るという呉服店のスタイルだけに、着物初心者には馴染めなかったのかもしれません。

着物に興味を持っていただいて、安心と信頼を得ることが店作りの要となりますが、どれだけたってもハードルの高さが変わらないことを思うと、知恵の使い方と努力が足りていないと言えるでしょう。

 

 

素直に反省し結果を引きずるのではなく、頭を切り替えて次へ進まないといけないと思っています。

 

 

明日は今回の展示会の後始末となりますが、翌月に着物で集うクリスマスパーティーの開催が迫っていまして、会場となるホテルの担当者に来ていただいてパーティー当日の打ち合わせをすることになっていましてね~

 

次はパーティーをどのように進行するかがこの店の課題となっていて、そのことに万全を期したいと思っているところです。

 

そして12月の店内は毎年恒例となっている古布の木目込みひな人形を登場させて、一足早い春をお届けできればと考えています。

 

 

 

 

古布の木目込みひな人形「紅梅白梅」
古布の木目込みひな人形「紅梅白梅」

 

こちらの立ち雛は、古い着物を着せた雛人形の一つで、紅梅白梅という名が付けられた売れ筋商品です。

今年も新しく用意したもので、12月10日過ぎにはお雛様の木目込み人形コーナーを確保したいと考えています。

 

 

 

古布の木目込みひな人形「紅梅白梅」
古布の木目込みひな人形「紅梅白梅」

 

このひな人形の「紅梅白梅」という名前からして、お正月にも飾っていただいても違和感がなく思えて、店頭に出しましたが、幼い表情や着物生地の優しさなどもにじみでていまして、とても可愛いと思いません。

 

まだお雛様の気分とは言えないのでしょうが、この店の情報発信基地としては次の一手はお雛様。

 

目の前のクリスマス7パーティーも含めて、12月をどう動くかが明日からの仕事の課題となりそうです。

 

取りあえず感謝祭を終えてホットしていますが、明日から再び違った忙しさに追われることになるでしょう。

 

今年のゴールまであと少し。

老体にムチ打って頑張らないといけませんね。

 

ではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 着物・和装

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ