きもの相談に着物の心髄を教えられました

 

sirayamahimezinnzilya.JPG



お母さんの別れから半年が過ぎ、今年初めて近くにある

白山比咩神社(しらやまひめ神社)へ行って手を合わせて来ました。

これまでの報告です。

そして今日の一日が始まりました。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

今年一番の夏日になったかもしれない北陸地方。

この時期の暑さは大歓迎で、今日も新規のお客様が新しい浴衣を選びにお越し下さいました。

そのお客様の中に、店のブログを見て尋ねて下さった親子連れの方がいて、綿絽(めんろ)の浴衣をコーディネートさせていただいた品を一式お求め下さいました。

着物に対する価値観が私の考え方によく似ていて、とても嬉しかったですね~

ブログが引き寄せてくれたご縁に感謝したいです。

ありがとうございました。

 

natuzouri.JPG

こちらの草履は夏用の品ですが、皆さんは季節に合った草履を使い分けていますか・・・・・・

 

鼻緒は絽縮緬(ろちりめん)に水玉の刺しゅう、奥はイルカの模様です。

中には紗織(しゃおり)の鼻緒もありますが、夏を感じさせる素材や模様のものを、これからの季節にお履きになると素敵でしょうね~

 

irukanohanao.JPG

この草履台は竹を張り合わせたものです。

このような品も夏らしいですね~

おしゃれとは色柄のコーディネートだけではありません、季節を考えた装いにも、おしゃれは存在します。

 

面倒かもしれませんが、どうか気を配って下さいね。

 

今日或お客様から着物相談を受けました。

 

その相談はお世話になったお茶の先生がお亡くなりになり、故人を敬う意味で着物で御参りをしたいという話の中で、
お通夜は沈んだ色合いの着物に黒の帯で、そして、葬儀は五つ紋の喪服でお見送りしたいが、着物のTPOとして間違っていないかを確認したい・・・・・という相談でした。

 

相談をいただいた方もお茶の先生で、故人と関わり合いにある方に、着物での主席を呼び掛けしたいと考えていたようです。

 

葬祭の場にブラックフォーマルで御参りするのが一般的な装いになった昨今ですが、故人を敬う意味で着物にしたいとの考え方に心を打たれました。

 

私も妻の時に経験がありましたが、着物での御参りは心が伝わってきて嬉しかったですね~

着物って洋服にはない日本人の心があることを実感しました。

 

久し振りに着物の心髄をお客様から教わったような気がしました。

その先生に、
間違っていないことをハッキリ伝えた私でした。

 

さぞかし故人も喜ばれることだと思います。

 

 

着物・和装ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村へ

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ